音楽談義


by oyaji910

<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

追悼ジョー・コッカー

今年最後のブログが追悼記事になってしまった。
デイブ・メイソンと伴に何故か気になるアーテイスト
ジョー・コッカーが22日亡くなった。
一般の方は愛と青春の旅立ち』の主題歌で全米1位
の「Up Where We Belong」しかおなじみでないだ
ろうけど私的には魂揺さぶられるシンガーだった。
スタジオではFire It Upと ライブ盤ではFire It Up
が遺作となったなぁ。
すべてのアルバム持ってる分けでないが 、歴史的名
盤ライブのマッド・ドッグス&イングリッシュメンと低迷か
ら脱却の兆しの見えたI Can Stand a Little Rainは
是非聞いてもらいたい。
興行的には日本では大不振だったマッド・ドッグス&イン
グリッシュメンの記録映画WITHジョー・コッカーの台詞
に、もし歌手になっていなければ殺人者になっていたか
も知れないと語っていたのが印象的。
大ヒット飛ばした以降はベストぐらいでほとんどお茶を濁
してる程度だけどこの際揃えようかな?
歴史的ライブ盤と廃盤のThe Long Voyage Home の
BOX・SET聞いて昨日から聞き続けてます。
天国でも酔いどれながらでも歌っててください。合掌
最大のヒット曲

I Can Stand a Little Rainよりブリープレストンの作品

独特の手振りが・・・ソウルフルな歌声です。


追記
このにっぽん一の閑散ブログも今年はこれにて・・・。
自分ながらgooの戯言・愚痴ブログと好対照。
それでも来年続けますのでよろしくお願いします。
[PR]
by oyaji910 | 2014-12-26 17:54 | 音楽 | Trackback | Comments(6)