音楽談義


by oyaji910

<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0146841_6303612.jpg
ビージーズ、小学校からのお付き合い。
洋楽聞き始めた小学校の頃はモンキーズを除けばビートルズの曲と同じぐらい知ってたかもしれない。
一昨日ロビン・ギブが亡くなったまだ60代、双子のモーリスは03年に亡くなってるので長兄のバリーだけになってしまってた。合掌

19曲のナンバー1ヒットを持つグループ。
思えば上がり下がりの激しいグループでした。

◎初期1967年~
ニューヨーク炭坑の悲劇、マサチューセッツ、若葉のころ等のヒットを飛ばすけど全米1等賞はなし。(全英はあり)70年脱退、解雇、兄弟喧嘩で低迷。
◎70年後半3兄弟で再スタート 1970年~
ロンリー・デイ、傷心の日々(全米1位)、メロディ・フェア (映画の影響で日本のみですがオリコン3位)のヒット。来日もしてテレビで私も見ました。
しかし73年から75年はヒットに恵まれず低迷。
◎ダンス路線1975年~
ダンス路線が大成功、77年の映画サタデー・ナイト・フィーバーの大ヒットとともに黄金期を迎える。
ジャイブ・トーキン、ユー・シュッド・ビー・ダンシング伴に全米1位、そして77年の愛はきらめきの中にから79年のラブ・ユー・インサイド・アウトまで6曲連続1位。
それ以降はTOP10に入ったの89年の1曲だけだけどカヴァーは楽曲提供も多い。
楽曲提供集なんてライノで出してくれないかな?
追悼を込めて聞きたいと思います。

初めて買ったビージーズのシングルでした。

再スタート時の大ヒット

ダンス路線、フィーヴァーする?なんて会話もしたなぁ

[PR]
by oyaji910 | 2012-05-23 07:27 | Trackback | Comments(4)