音楽談義


by oyaji910

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

プログレ

b0146841_1912034.jpg
私は小中高大とBB誌やCB誌のシングル、アルバムチャートをチェックするのが日課でした。
70年代を駆け抜けたプログレ旋風(?)はシングルにチャート関してはほぼ無縁。何せ曲が長い、片面1曲、組曲なんて構成なんでシングルは無理もないですが・・・アルバム勝負!
私もプログレはまりました。プログレ・・・ピンクフロイドの原子心母のアルバムの帯にたしかに書かれてたと記憶してますがそれが日本最初かは定かではありません。(誰かぁ~)
当時個人的見解ですが、クリムゾン、ピンクフロイドを両横綱、イエス、EL&Pを大関とするかこの4つをプログレ四天王て気がしてました。
来日も行きました。印象的なのは雨の後楽園と箱根の霧、観客大人、お兄さんばかりで怖かった。(笑)残念なのはクリムゾン第1期観たかった。
(注) イエスは後に「ロンリーハート』の大ヒットだすし、ピンクフロイド、イエスもチャートイン
    はしています。EL&Pもナットロッカー90何位に入った記憶も?
[PR]
by oyaji910 | 2008-07-27 19:36 | Trackback | Comments(4)
b0146841_22573397.jpg
私が小中学生の頃、ラジオのヒットチャートの常連だったスリードッグナイト。実際全米TOP40に21曲(そのうち3曲ナンバー1)もの曲を送り込む。
1番のヒットがジョイトゥザワールド~喜びの世界(右のジャケット私所持のジャケットと違うのですが・・・)
このグループの功績は私に沢山のシンガーソングライターを教えてくれたこと!
ローラニーロ、レオセイヤー、Pウイリアムス、ニルソン、Rニューマン、ラスバラード他選曲のセンス抜群だったと・・・
急に人気なくなり・・・トラブル、脱退等あったらしいけど、今もヒゲのチャック抜きのコリーとダニーのふたりヴォーカルでやってるらしいなぁ。
[PR]
by oyaji910 | 2008-07-23 23:22 | 音楽 | Trackback | Comments(1)

青盤

b0146841_17561788.jpg
今月のレコードコレクターズ、先月の赤盤に続き青盤~青の時代の特集。私にとってBEATLESは洋楽を本格的に目覚めさせてくれた存在。それだけに止まらず、もしBEATLESを聞いていなかったら生き方、人生すら変わってたと・・・。
もっとも私がBEATLES買った始めてのがシングルが友人から50円で買った「レディマドンナ」
新品は「レットイットビー」、LP(死語)はなんと編集盤の「HEY JUDE」。
中学生の頃は解散状態、再結成(活動)を夢見ながらLP買いまくりました。LPは高価だったので昼飯けずったなぁ~。
前置き長くなりましたが、さて青盤どれが一番お気に入りと問われたら毎日答えが違うかもしれません。(笑)シングルのA,B面(死語)にならなかったナンバーでは今のところ「ACROSS THE UNIVERSE」です。
何気に街中、ラジオ・・・でかかる(聞ける)ビートルズてサイコーだなぁ。
[PR]
by oyaji910 | 2008-07-19 18:39 | Trackback | Comments(4)

Live At Leeds~The Who

b0146841_1801276.jpg
今年の11月初の単独来日公演を果たすWho・・・ピートとロジャーの二人なったのは寂しいし、何故もっと早くて気持ちの方も多いのでは?
Whoとの出会いは映画「ウッドストック」でのLIVEを観てから、理屈抜きにカッコイイなぁて当時中学生だった私は思いました。特にピートの飛び跳ねながらのプレイと大きな鼻(?)が印象的でした。
シングルの「サマータイムブルース」が出て即購入、アルバムの「Live At Leeds」は友人のお兄さんから借りて聞きました。拍手、歓声少なく、収録40分くらいだったと・・・それが今CDのデラックスEDで完全収録。良い時代になりました。はい!笑
当時私たちはポリードールの掟と呼んでましたが、ポリドール発売のシングル何故かジャケットと袋が一体なってて、しだいに袋の横穴があきだし、しまいにレコードがはみ出るという掟が・・・
経験ないですか?(ビージーズ、ツェッペリン、ショッキングブルー、ジミヘン、クリーム等)
[PR]
by oyaji910 | 2008-07-14 18:38 | Trackback | Comments(2)

(彩)Aja

b0146841_9122497.jpg
スティーリーダン、初期のバンド形態の方が良いと思う人多いかもしれませんが・・・
今回はBOXSETの人脈図(TOTOやDOOBIE他)によると5期(ユニット)による「彩」を取り上げます。
亡くなられた山口小夜子さんのジャケット(美しい!)でも有名な1977年の本作、腕利きをバックにJAZZ、SOUL(今でもRAPの元ネタに使われてる)のエッセンスをちりばめ、尚且つ洗練されたPOPMUSICに仕上げた傑作。
個性的、アメリカでは他に見当たらないユニット、イギリスのバンドに信望者が多いのもなんとなく理解
できます。はい!
CDの時代にマッチした作品で当時渋谷、原宿あたりのカフェバーあたりの定番でした。しかしながら私は当時パンチパーマ、唐獅子牡丹背負った用心棒みたいでひとり浮いてました。(笑)
[PR]
by oyaji910 | 2008-07-12 09:46 | Trackback | Comments(3)

French Kiss

b0146841_13285485.jpg
皆さんも、音、歌知らずジャケットで買ったアルバムないですか?
私が自分で即思い浮かべるのが「キングクリムゾンの宮殿」とこ
のボブウェルチの「French Kiss」。
前回取り上げ「童夢」とは全く対照的にエロチックなジャケットが渋谷の輸入盤屋で目に付きなんとなく購入。
ハードロックかと思ったら、1曲目はアコースティックな曲、ほかはポップでお洒落なサウンド、大当たりでした。
その後ボブウェルチてマックのメンバーだったことを知りました。何枚かアルバムをキヤピトル~RCAで出したけどヒットしたのはこれとセカンドぐらいと思います。
でも来日したし、TVでカリフォルニアJAMやっててマックのSニックスと競演してたのを観た記憶あります。現在は音沙汰なし、あの人は今状態!
当時バイトで仲良くなった女性にカセットテープ(死語)送ったら趣味が良いと言われたのを今でも憶えてます。(笑)風の便りに彼女も福岡県の大学病院のドクター婦人とか、もうボブウェルチなんて聞いてないだろうな・・・
次回はスティリーダンあたりを取り上げたいと思います。
[PR]
by oyaji910 | 2008-07-09 14:17 | 音楽 | Trackback | Comments(1)

Moody Blues

b0146841_14532311.jpg
日本ではいまいち人気の出なかったムーディブルース・・・
プログレバンド言われるにはPOP過ぎたのかな?
欧米での人気と比べると雲泥の差でした。
しかし右の「童夢」聞き狂いました。(笑)ジャケットも素晴しい
けど、サウンド、楽曲今聞いても色褪せないevergreen!
特にStory in your eyes とMY Songは絶品。
当時DISCOやホールなんか貸切でパーティやったときに、なん
とかムーディブルース皆に勧めようとチークタイムの時間に、このアルバム収録ではありませんが「サテンの夜」(これも名曲)をSOULナンバーに紛れてかけました。
[PR]
by oyaji910 | 2008-07-05 15:21 | Trackback | Comments(3)

歌姫

b0146841_01215100.jpg
私にとって70年代の歌姫はリンダ・ロンシュタットでした。
不思議なことに女性シンガーのレコードは圧倒的に少なく
ほとんどビートルズ、ツェッペリンのグループ系ばかり。
たまたま輸入盤屋で見た白黒ジャケットのLP「悪いあなた」
に惹かれ購入。それからのお付き合い。
声そしてなにより選曲・・・ニールヤング、JDサウザーから
Rオービソン、Bホリーからストーンズまで幅広く絶妙。
右のジャケットは1977年作の「夢はひとつだけ」5週連続全米1位の大ヒット。
リンダと言えばこれか「哀しみのプリズナー」が一番ターンテーブルに乗りました。
リンダさんJAZZ、ケイジャン、ドリーパートンとかとカントリーアルバム出したりも
してますのでファンもいろいろ・・・武道館でJAZZ公演も!
この頃私はご無沙汰、BOX買うかな・・・1977年頃のLIVE(歌姫)見たかった。
[PR]
by oyaji910 | 2008-07-01 00:55 | Trackback | Comments(0)