音楽談義


by oyaji910

カテゴリ:音楽( 88 )

格安BOXSET

b0146841_182951100.jpg
最初はSONYかな旧譜の格安BOXSETを売り出したのは?
その時も安いと思ったけど、ワーナーがこのブログでも取り上げたけど、マドンナオバサンの11枚組を何と驚きの3500円で売り出した。
その後イーグルス、ヴァン・ヘイレン、グリーンディ、ドュービー(2種)そしてフォトのリンダと買いました。
これが2千円きる値段、もちろんライノだから音も良い。
ダブって盤あるのもあるけど各アーティストの歴史を振り返るには最適ですね。
難を言えばジャケットがチャチで文字が老眼鏡でも見えない点かな?
次はイエスを買う予定。
未発表曲入りのBOXSETもお安くなって再発されてるけど、当時1万近くで買ったのは損した気分だなぁ(笑)

追記
イイねをいただいた方やフォローしている方のブログをプロフィールから拝見すると更新が途絶えてる事になってるのがありました。
管理に問い合わせしたところ一部不具合との返答。
改善されたとも返答ありましたが一部未だ更新ない事になってる方もいます。
訪問せずすいませんでした。






[PR]
by oyaji910 | 2013-12-06 19:01 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

どちらがお好み

b0146841_19475857.jpg
ドュービーブラザースのベストを聞いております。
矢沢永吉のと交流も有名、公演でもメンバーがバックで来日。
ワーナー時代の矢沢にも少なからず影響、作品も提供してますね。
数多くのヒット曲持つグループですが主にリードヴォカール努めたトム・ジョンストン途中からサポートで加入でトム脱退後リード努めたマイケル・マクドナルドの時代ではサウンド大きく違う。
前者はストレートに近いロック、後者はソウルフルなある意味AORに近い。
誰か忘れたけどエースのの先発ピッチやーが抜けてリリーフが先発に回って成功って書いてたけど、まさにその通りです。マイケルのサウンドは当時女性に大うけだったなぁ。
しかしながらトムのヴォーカルもイカシテマスヨネ049.gif
でも脇でずっと変わらず泥臭いサウンド聞かせてくれたパット・シモンズの功績忘れてはいけませんね。皆さはどちらがお好みかな?




[PR]
by oyaji910 | 2013-08-01 20:12 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
b0146841_19445132.jpg
昨年からベテランをはじめとしてオールタイムBEST盤が相次いで発売。
だいたい2枚組、3枚組、2枚組2種類が主体かな?
大概初回はDVD,ボーナスディスク、トラックやジャケット違い、購買意欲そそる戦略。
大概デビュー〇〇とか区切りも良いのかな?
発売する会社もボーナストラックぐらいは新録で後はリマスターで経費もかからない。
ファンはまたかよの人もいれば、歓迎派いるし、BEST盤何故この曲入ってないとか不満でるのが宿命。
私は歓迎派、まぁそれぞれ選曲には一言あるけど、それならオリジナル聞けば良い。
目下ヒムロは予約、BUMPはどうするかな?

名曲だと再認識


おまけ50周年とはもう英国の伝統芸能。
将来50周年オールタイムベスト盤なんて邦楽で出る人どうかな?

[PR]
by oyaji910 | 2013-06-28 20:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
別に人が何を聞こうが勝手と思うし何枚売れようとどうでも良い事と思うけど・・・。
「AKB、女の頂点!デビューから7年、シングル総売り上げついにあゆ超え」って記事見た。
AKBの今回のシングル、例の総選挙とやらの投票権のシリアスナンバー付、他のシングルだって初回についてる全国握手会のシリアスナンバー付、個別握手会ってのはそれ専用サイトから申し込んで抽選外れたらCD購入目的でも買えないとか・・・。
これなんか子供の時グリコのおまけほしくてキャラメル買ったのと同じ感じがした。
同じ人が同じジヤケット、同じ音(リマスターやリミックスでもない)のCD何枚も買う。
握手の権利のためのCD購入どうなんだろう?
実際のミリオンセラーと言っても実際買ってる人の数、ゴミ捨て場に何枚もシングル捨ててあるの見ると少ないんだろうなぁ。
どっかの書き込みで23万ぐらいだろうなんて書かれてたけどCD捨てるような音楽ファン育ててほしくないなぁ。
抜かれた浜崎さんだってこの頃どこを切っても金太郎飴、売上疑惑も浮上した事もあるエイベックス。
別に驚かないし、彼女は歴代と言っても俺がくたばる頃彼女の曲、歌い継がれるか疑問。
一瞬の花火で終わるような音楽多くなった。
それだけ私のアンテナ錆びた証拠かもしれない。
売れる音楽作らないと、たいして売れなくても良質な音楽販売出来ないのもわかるし、企業の最終目標利潤と言われれば仕方ない。
天才、秋元さん、選挙権や握手権なしで何時までも残る、エヴァーグリーンな曲AKBでリリースしてみてちょ。
注;AKBさんや浜崎さんの楽曲を否定する気はないです。はい

あえてビートルズ選曲しなかったけどエヴァーグリーンな曲送り出すのも文化産業の努め
誇り思います。




[PR]
by oyaji910 | 2013-06-01 18:45 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
b0146841_18452144.jpg
ポールの<アーカイヴ・コレクション>シリーズ第5弾は『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』日本ではタイトル『ウイングス U.S.A. ライヴ!!』だったけど今回は統一されるらしい。
ウイングスが最高に波に乗ってた時、当時はアナログ3枚組でした。(後のCDは2枚組、私は紙ジャケ購入)
私的には1月28日の武道館来日公演のアリーナ席買っていたのでこのアルバム聞くたびに幻の終わった悲しい思いで蘇ります。
とは言え内容はウイングスとして最高時の記録、悪いはずがない。
今回再発にあたって通常盤とスーパー・デラックス・エディションどちらか迷ったけど下記の誘惑に負け後者を予約。
●オリジナル収録曲: 全ての形態に収録されている28曲!
●ボーナス・トラック: サンフランシスコのCow Palaceでレコーディングされた8曲。
●DVDの収録内容: 滅多に見ることが出来なかったTV特番の‘Wings over the World’(約75分)、貴重な当時の写真を収録した‘Photographer’s Pass’を収録予定
●ツアー関連グッズ: 歴史的ツアーにまつわる思い出の品、お土産、記念品、未公開写真、ツアーで使用されたアートワーク等の復刻品を封入
●4冊の本
●ダウンロード: オリジナル38曲とボーナス・トラック8曲=計36曲がダウンロード可能。
限定なので日本盤を抑えで予約して輸入盤安ければ思ってたけど、アベノミックスとやらのおかげか輸入盤一時ほど安くなくなった。
日本盤1万8千円、グッズやパンフの類いらないからもう少しデラックスエディション盤でないのが残念。
ポール・マッカートニー&ウィングスの歴史的コンサート・フィルム映画「Rock Show」も発売出費多いなぁ。(もちろん予約)




[PR]
by oyaji910 | 2013-04-27 19:53 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

それぞれの40周年

b0146841_947690.jpg
昨年久しぶりに矢沢永吉を観に行った。
武道館でファンクラブの優待のSS席で観て以来、引退の噂もあったので重い腰上げて観に行くことにした。
キャロルでデビューして40の記念ライブと言う事は彼も40周年。
ジョニー大倉、キャロル時代は矢沢と人気二分していた。
女性の歓声は彼の方が大きかった気がする。
彼も40周年の記念ライブをやったそうだ。
矢沢、日産スタジアム6万人片やジョニーはライブハウスで50人だとか、これを明暗と感じる人もいるだろうけど・・・。
私は語弊あるかもしれないけどジョニーらしくて良い気がする。
ライブには行かなかったけどアルバム買った「I remember CAROL by Johnny」キャロルのナンバーのセルカヴァー。
以前矢沢もキャロルのナンバーのセルフカヴァー出したけど、ジョニーがヴォーカル取ってたナンバーも洒落たアレンジで違和感なかった。
矢沢のヴォーカルのナンバー、ジョニーがストレートに歌うと違和感感じると思いつつもジョニーらしくて良いかななんて楽しんで聞いてます(^-^)





[PR]
by oyaji910 | 2013-02-28 10:20 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

グラミー賞

b0146841_17564810.jpg
洋楽のチヤート必死にあさってたのは80年代まで90年代以降特にRAPが全盛になってからはあまり興味がなくなった。
必然的に新しいアーテイストには疎くなっていった。
老眼も悪化で雑誌もレコードコレクターズぐらい、それも気に入った特集の時たまにしか買わない。
何となく知って買うか、VAアルバムNOWシリーズで興味持って買うぐらい。
NOWシリーズはたまにだけど毎年出るグラミー賞のコンピアルバムは毎年買う。
来月の10日だったかな発表になるけどノミネート聴いたことない人も多くなったなぁ。
私のアンテナも古くなってきました。
01. The Black Keys / Lonely Boy 02. Kelly Clarkson / Stronger (What Doesn't Kill You) 03. Taylor Swift / We Are Never Ever Getting Back Together 04. Gotye / Somebody That I Used To Know Feat. Kimbra 05. Katy Perry / Wide Awake 06. Fun. Feat. Janelle Monae / We Are Young 07. Florence + The Machine / Shake It Out 08. P!NK / Try 09. Maroon 5 / Payphone Feat. Wiz Khalifa 10. Carly Rae Jepsen / Call Me Maybe 11. Miguel / Adorn 12. Ed Sheeran / The A Team 13. Hunter Hayes / Wanted 14. The Lumineers / Ho Hey 15. Alabama Shakes / Hold On 16. Mumford & Sons / I Will Wait 17. Frank Ocean / Pyramids 18. Bruce Springsteen / We Take Care Of Our Own 19. Jack White / Freedom At 21 20. Muse / Madness 21. Coldplay / Charlie Brown 22. Adele / Set Fire To The Rain
去年は賞最多でしたね。


このグループは気に行ってます。
結構日本のバンドも影響受けたのでは?

[PR]
by oyaji910 | 2013-01-24 18:17 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

こちらも50周年

b0146841_19343529.jpg
祝ストーンズ50周年のつもりだったけど、最新DVDまだ観てないので・・・。
こちらのレコード会社も50周年。
1962年に設立者のHerb AlpertとJerry Mossのラスト・ネームの頭文字AとMをとったA&Mレコード。古き良きラジオの深夜放送オールナイトニッポンのテーマこのロゴマークのラッパの音。
ホントお世話になりました。
このレコード会社、小さいながらもあらゆる音楽の紹介してきた。
ブームにもなったラテンのセルジオメンデス、何たってカーペンターズをはじめとするPOPS、大ヒットライヴとなったピーターフランプトンやポリスのロック、ジャネット・ジャクソンを筆頭するSOULからJAZZ・フュージョンそしてフォークまでホント幅広い。
このA & M 50: The Anniversary Collection の60曲聞いてしみじみ思いました。








[PR]
by oyaji910 | 2012-12-26 20:10 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

秋の夜長に

b0146841_10584454.jpg
やっと秋らしくなってきました。即冬来なければ良いけどなぁ
秋の夜長に、何て言葉が死語にならなければと祈る今日この頃です。
秋の夜長に一人で、ウイスキーのグラスの氷揺らしながら
聞きたいのがこの人、ドナルド・フェイゲンさん言わずと知れ
たスティーリー・ダンの中枢でヴォーカル、キーボード。
6年半ぶりにソロ先頃リリースされたしもうすぐ夢の競演
ザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴューで
来日します。
何たってドナルド・フェイゲン/マイケル・マクドナルド/ボズ・スキャッグスですから。
公演行けないのがとても残念です。
このファーストソロのNightfly も今聞いても新鮮、完成度高いです。
ほんとウイスキー片手に愛聴クセになりそう。
サザンもジャケットでパロってましたね。

[PR]
by oyaji910 | 2012-10-24 11:29 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

OPUS

b0146841_11514518.jpg
続けて邦楽は珍しいけど・・・。
山下達郎さんのレーベル枠を超えたコンプリートベストが出た。75年から12年ほんと活動歴長い。
初めてタツローさん聞いたのは大瀧師匠と伊藤銀次さんとの「ナイアガラトライアングル」の1曲目の「ドリ―ミングデイ」当時邦楽あまり聞かなかったけど即お気に入りなった。ソロのファーストも即購入。でも「RIDE ON TIME」でブレイクするまではセールス的にイマイチ。
タツローさんもそのうち辞めてレコード会社のディレクターに何て思ってた時期もあるそうです。
それが今も現役バリバリ、還暦なったら記念ライヴもやるそうです。
これからも音の職人芸聞かせてください。
願わくば大好評のシアターライヴのDVD化希望。でもこだわりのタツローさん、無理だろうなぁ!

元はTDKのCMに本人登場、その後何年もたってテレビドラマの主題歌になった。
何時聞いてもタツローサウンドは新鮮だって証拠ですね。

追記
戯言ブログもやってます。
こちらもよろしくです。
http://blog.goo.ne.jp/oyaji0910
[PR]
by oyaji910 | 2012-09-29 12:23 | 音楽 | Trackback | Comments(4)