音楽談義


by oyaji910

カテゴリ:音楽( 86 )

追悼ジョー・コッカー

今年最後のブログが追悼記事になってしまった。
デイブ・メイソンと伴に何故か気になるアーテイスト
ジョー・コッカーが22日亡くなった。
一般の方は愛と青春の旅立ち』の主題歌で全米1位
の「Up Where We Belong」しかおなじみでないだ
ろうけど私的には魂揺さぶられるシンガーだった。
スタジオではFire It Upと ライブ盤ではFire It Up
が遺作となったなぁ。
すべてのアルバム持ってる分けでないが 、歴史的名
盤ライブのマッド・ドッグス&イングリッシュメンと低迷か
ら脱却の兆しの見えたI Can Stand a Little Rainは
是非聞いてもらいたい。
興行的には日本では大不振だったマッド・ドッグス&イン
グリッシュメンの記録映画WITHジョー・コッカーの台詞
に、もし歌手になっていなければ殺人者になっていたか
も知れないと語っていたのが印象的。
大ヒット飛ばした以降はベストぐらいでほとんどお茶を濁
してる程度だけどこの際揃えようかな?
歴史的ライブ盤と廃盤のThe Long Voyage Home の
BOX・SET聞いて昨日から聞き続けてます。
天国でも酔いどれながらでも歌っててください。合掌
最大のヒット曲

I Can Stand a Little Rainよりブリープレストンの作品

独特の手振りが・・・ソウルフルな歌声です。


追記
このにっぽん一の閑散ブログも今年はこれにて・・・。
自分ながらgooの戯言・愚痴ブログと好対照。
それでも来年続けますのでよろしくお願いします。
[PR]
by oyaji910 | 2014-12-26 17:54 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

懐メロオヤジ化

b0146841_1843352.jpg
小学校で洋楽を聞き始め、中心はビートルズとCB誌とBB誌のヒットチャート。
小中学生は昼飯のパン代がレコードに化けた。
それでも当初はビートルズのLP買うのが精一杯、後はシングルチが中心。
中学3年の時、アルバイト高校生と偽りするようになってやっといろいろ買えるようになった。
もちろん今は死語となったエアチョックも欠かさず、情報もラジオとML誌。
ビールボードのチャートなんかも何位まで上昇とか必死に覚えてた(笑)
80年代の何年かは忘れたけど、年間チャートの100位のシングル全部揃った年もあった。
別にRAP等が悪いわけではないけど、RAPがモロに表に出たり、ヒットチャーも様変わりした頃から急速にチャートから興味なくなった。
新人のチェックもNOWシリーズやグラミーノミネートでするぐらいになりNOWシリーズ(UK)もここ
何年も買ってない。
考えて見たらバンド一番新しいめで必ず買っていたのか今日届いた解散したオアシス。
その後でたバンドはあんまり脳裏に浮かばないし、興味もさほどない。
オアシスブレイクしたこのアルバムもたしか95年。
リマスターの3枚組聞いてるけど、完全懐メロオヤジ化してます。
名曲ですね



[PR]
by oyaji910 | 2014-10-29 19:08 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

oyaji「PUNK」を聞く

b0146841_17383092.jpg
正直Ramones って真剣に聞いた事なかった。
友人にアナログ借りてTAPE(死語)聞いたぐらい。
デビューアルバムのメンバーの皮ジャンにジーンズにフォト
見て聞いたら思った通りのサウンドだった。
メンバーが見皆ラモーン名乗る、実にシンプルストレート。
その後まだ刑務所にいるのかな、フィルスペクターがプロデュースなんて聞いたりメンバーや元メンバーが亡くなったニュースを時折聞いたぐらい。

そんなおっさんがこの度THE SIRE YEARS 1976-1981購入。
ボーナストラックとかは収録されてないけど、ファンとは到底言えない私には調度良い。
何たって6枚組で1800円は安い。
まずはフィル・ペクターのエンド・オブ・ザ・センチュリー聞いてからファーストから順次
真剣?に聞いた。
やっぱエンド・オブ・ザ・センチュリーはレコード会社の思惑通り一番セールス的に成功。
ファンには不評だったとか聞いてるけどバランスの良いアルバムだと思います。
そして6枚目のプレザント・ドリームス、10CCのグラハム・オールドマンのプロデュース
前作を経て成長したって感じで一番気に入った。
ファースト~サードがお気に入りでないと言う事は真のファンではないかな?
ただ最終話があれっ?て思ったエックスファイルの番外編で協力者のローン・ガンメンの
一人が決して彼達は信念を曲げなかった奴らだったとか称賛される台詞ある
それだけロックはセールスだけでなく人のハートにどれだけ突き刺さるかって事だろう。

ファーストから

スペクターさんのプロデュースから

[PR]
by oyaji910 | 2014-08-06 18:37 | 音楽 | Trackback | Comments(3)

MASON祭り

b0146841_2041996.jpg
何方でも何故か気になるアーティストいらっしゃると思いますが・・・。
もちろんビートルズ関係やストーンズ等大物は当たり前に気になる。私は何故かDAVE・MASON気になるアーテイスト。名前は初めてML誌買った頃に名作Alone Together は発売当時はキングレコードからで「サウンドも素晴らしいのであります」というコピーが印象に残ったけどML誌では★3つだった記憶ある。
初めて買ったのが年月立って73年のIt's Like You Never Left それからずっとご贔屓。
CD化されて買い直し(もちろんママキャスとの競演も)でもソニーの紙ジャケリマスターは買いそびれ(涙)
この度It's Like You Never Left のリマスターと新譜出て機会にリマスター買直し。
Future' s Past ・・・新譜だけど前回の26 Letters 12 Notes はNASON節全開も今回は地味。
Dave Mason / Split Coconut とCertified Live / Let It Flow はこの時期は最高。
Mariposa De Oro / Old Crest On A マイケルとの競演話題になったけど・・・。
そしてやっと遅れて届いたIt' s Like You Never Left 。
朝からMASON祭りです。
Alone Together / Headkeeper やママキャス盤リマスター出ないかな?(ブルーサムだし)
全然話題にならなかった87年のTwo Hearts リマスターは無理だろうなぁ。
後まともな値段で買えるのFeelin' Alright Live だけ?
取りあえずオーダーします。
It' s Like You Never Left聞きながら、最高だった渋谷の来日公演思い出してるoyajiです。
彼のアコな曲も良いです。

この映像ははテレビでも見た記憶ある。

最近の映像スキンヘッドになったしまった。

[PR]
by oyaji910 | 2014-06-21 20:52 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

昨日届いたCDで・・・

b0146841_12295941.jpg
Words & Music: Greatest Hits  John Cougar Mellencamp
Mystery Girl (Expanded)    Roy Orbison
Xscape Michael Jackson
Live 1976-1998: Tonight's The Night Rod Stewart
Duets Linda Ronstadt
Definitely Maybe OASIS
Ghost Stories Coldplay
Essential Eric Carmen Eric Carmen
上記が昨日届いたCD。
故マイケルのXscapeはマイケルのヴォーカル素材には一切手を加えることなく屈指のプロデューサー陣が「コンテンポライズ(現代化)」したとあるけど、早い話旬のプロデューサーさんたちが手直して完成したアルバム。
デラックスエディション には元素材収録されて比べてみるのは面白いけど、私的には新曲?
お蔵入り曲を焼き直したが正しいんじゃないかなと思う。
今後もマイケルの新曲としてアルバム発売されるだろうけど故人どう思ってるんだろう?

コンポライズヴァージョン

オリジナルヴァージョン

[PR]
by oyaji910 | 2014-05-23 13:05 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
b0146841_17352715.jpg
MEET THE BEATLES (JAPAN BOX)発売の告知のメールが来た。
5枚組で15120円ちと高いんじゃないのユニバーサルミュージック さん。文句あるなら買うなって?・・・輸入盤発売ないだろうからそりゃ買いますよ。
せめて身開きジャケット再現の来日記念盤ステレオ! これがビートルズ Vol.1 Vol.2の2枚追加だったら文句ないいです。
それにHELPよりBeatles For Saleの文字デザインが違うビートルズ '65の方が良かった気がします。
本音はバラでビートルズ!、ビートルズ No.2、ビートルズ No.5で私は充分なんですがバラでは発売なくBOXオンリーだとか商売お上手。拍手!
まぁ曲順違うだけで新鮮なビートルズマジック、擦り切れる程聞いた盤、財布の紐は緩くなるなぁ。

日本デビューアルバムより060.gif
1曲目邦題もお見事


最終曲(14曲目)ジョンのヴォーカルは私的にオリジナルを完全に凌駕

[PR]
by oyaji910 | 2014-04-17 18:18 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

オアシスデビュー20年

b0146841_2114173.jpg
誰も来ない日本一の閑散ブログとはいえ更新が遅れた。
新管理画面を使用したら四苦八苦。ブログ何度も消してしまい旧画面に戻し心機一転(笑)

オアシスのデビューアルバム「Definitely Maybe」の20周年盤の告知を目にした。
正直もう20年と思ったけど、発売が1994年だから当たり前だけど月日の経つのは早いとしみじみ・・・
90年代あたりからヒットチャートに興味なくなり新人さんあんまり聴いたり、購入する事少なくなった。
ただ当時からUKのNOWシリーズはアナログ時代から時折買って偶然オアシスを知った。
ちょっとビートルズぽくて良いと思って購入。
結果は大当たり、正統派ブリティッシュ・ロックの真髄、それからずっとオアシスは買い続けた。
やっぱりセカンドが一番だけど、このファーストも同じぐらいクオリティーの高い。
当時予備校にに出入りしてて、生徒さんとオアシス談義したの思い出す。
家に遊びに来てくれたイケメン君(メンズ雑誌モデルやってた)がギター弾いてオアシスカヴァー
披露してくれたのが最近のように感じられる今日この頃。
取りあえずDefinitely Maybe: 20周年記念デラックス エディション 予約であります。

ビートルズというかジョンぽくて…♪


追記 戯言ブログもやってます。
   http://blog.goo.ne.jp/oyaji0910
[PR]
by oyaji910 | 2014-03-10 21:48 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

追悼大瀧ナイアガラ師匠

b0146841_17562876.jpg年末に大瀧詠一さんが亡くなられた。初めは冗談だろうなんて思った。
林檎食べて亡くなるなんて白雪姫みたいとメル友が言ったけど、大瀧
さん、あなたはジャケット写真にあったように枯れ木に素敵な♪を咲
かせる花咲さかじいさんでしょ・・・007.gif
思えば小学生ではっぴいえんどを聞いてからのお付き合い。
洋楽一辺倒の私を邦楽の世界に誘ってくれた四天王の一人。
拓郎、加藤和彦、キャロル、はっぴえんどだった。
大瀧さんはビートルズ以前のアメリカンポップスの素晴らしさも教えて
くれた。大瀧さんのおかげで山下達郎も知った。
何たってこのブログの題名の趣味趣味は大瀧さんから勝手に借りた題名。
右のジャケットのロンバケ、アナログ、日本初のCD,20th盤、30th盤
買ったけど何時聞いても色褪せないエヴァーグリーンなレコード。
私が無人島へ持って行く邦盤の真っ先にあげる至極の一枚。
でも次のEACH TIMEでやりつくしたのかな?
師匠の名言の予定は未定通りナイアガラトライアングルの3以降や2001年
ナイアガラの旅は幻になってしまった。
フィルスペクターやブライアンウイルソンより先に逝ってしまった。
師匠なんて勝手に書いてるけど素敵な音楽の道、導いてくれてありがとう
ございました。
天国でもマイペースでお過ごしください。合掌

大瀧さんとの出会いの曲


松本さんの詞も良いですね。


カヴァーも多くされたナイアガラの名曲


ゲストVoだけどこれが公式最後の発表曲になるのかな?

[PR]
by oyaji910 | 2014-01-26 18:35 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

格安BOXSET

b0146841_182951100.jpg
最初はSONYかな旧譜の格安BOXSETを売り出したのは?
その時も安いと思ったけど、ワーナーがこのブログでも取り上げたけど、マドンナオバサンの11枚組を何と驚きの3500円で売り出した。
その後イーグルス、ヴァン・ヘイレン、グリーンディ、ドュービー(2種)そしてフォトのリンダと買いました。
これが2千円きる値段、もちろんライノだから音も良い。
ダブって盤あるのもあるけど各アーティストの歴史を振り返るには最適ですね。
難を言えばジャケットがチャチで文字が老眼鏡でも見えない点かな?
次はイエスを買う予定。
未発表曲入りのBOXSETもお安くなって再発されてるけど、当時1万近くで買ったのは損した気分だなぁ(笑)

追記
イイねをいただいた方やフォローしている方のブログをプロフィールから拝見すると更新が途絶えてる事になってるのがありました。
管理に問い合わせしたところ一部不具合との返答。
改善されたとも返答ありましたが一部未だ更新ない事になってる方もいます。
訪問せずすいませんでした。






[PR]
by oyaji910 | 2013-12-06 19:01 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

どちらがお好み

b0146841_19475857.jpg
ドュービーブラザースのベストを聞いております。
矢沢永吉のと交流も有名、公演でもメンバーがバックで来日。
ワーナー時代の矢沢にも少なからず影響、作品も提供してますね。
数多くのヒット曲持つグループですが主にリードヴォカール努めたトム・ジョンストン途中からサポートで加入でトム脱退後リード努めたマイケル・マクドナルドの時代ではサウンド大きく違う。
前者はストレートに近いロック、後者はソウルフルなある意味AORに近い。
誰か忘れたけどエースのの先発ピッチやーが抜けてリリーフが先発に回って成功って書いてたけど、まさにその通りです。マイケルのサウンドは当時女性に大うけだったなぁ。
しかしながらトムのヴォーカルもイカシテマスヨネ049.gif
でも脇でずっと変わらず泥臭いサウンド聞かせてくれたパット・シモンズの功績忘れてはいけませんね。皆さはどちらがお好みかな?




[PR]
by oyaji910 | 2013-08-01 20:12 | 音楽 | Trackback | Comments(2)