音楽談義


by oyaji910

カテゴリ:音楽( 86 )

良い年をお迎えください

b0146841_2033789.jpg
超手抜き・閑散ブログに訪問された奇特な方感謝感謝です。
来年も同様なブログ・どんどん懐メロ洋楽オヤジ化してますがよろしくお願いします。
良い年をお迎えください。




[PR]
by oyaji910 | 2015-12-31 20:10 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
b0146841_2064437.jpg
えぇ~そうなの言われそうですが、私の今年のベストアルバム。
「Completely Under The Covers」Matthew Sweet / Susanna Hoffs に決定です。
日本アニメ大好き、する人ぞ知る感じのマシュースウィートと元バングルズのスザンヌホフすのカヴァー集。
元々6年から13年にリリースにボーナストラックを加えてBOX・SET4枚組として今年発売。
元々私はカマトトぽいヴォーカル大好きでスザンヌさんもその傾向。
それよりも下記記載の選曲に涙・感激。
ビートルズ、ニールからテレビジョンやXTCにイエス。
大御所?は選曲凝ってる、マックなんて噂の1曲目とは・・・。
さすがに名前だけしか知らないアーテイストも数組正直あり。
別に斬新なアレンジ、卓越した演奏があるわけでない。
でも私の心揺さぶる選曲の数々、オリジナルを改めて聞きたくなった。
ただのカヴァー集と言う人もいらっしゃるでしょうが、私の今年の1等賞。
ディスク 1
Volume 1, 1960’s
01. I See The Rain [Marmalade]
02. And Your Bird Can Sing [The Beatles]
03. It's All Over Now, Baby Blue [Bob Dylan]
04. Who Knows Where The Time Goes? [Fairport Convention]
05. Cinnamon Girl [Neil Young and Crazy Horse]
06. Alone Again Or [Love]
07. The Warmth Of The Sun [The Beach Boys]
08. Different Drum [Stone Poneys featuring Linda Ronstadt]
09. The Kids Are Alright [The Who]
10. Sunday Morning [The Velvet Underground]
11. Everybody Knows This Is Nowhere [Neil Young and Crazy Horse]
12. Care Of Cell 44 [The Zombies]
13. Monday, Monday [The Mamas & the Papas]
14. She May Call You Up Tonight [The Left Banke]
15. Run To Me [Bee Gees]
16. Village Green Preservation Society [The Kinks]
17. I Can See For Miles [The Who]
ディスク 2
Volume 2, 1970’s Part 1
01. Sugar Magnolia [Grateful Dead]
02. Go All The Way [Raspberries]
03. Second Hand News [Fleetwood Mac]
04. Bell Bottom Blues [Derek and the Dominos]
05. All The Young Dudes [Mott The Hoople]
06. You're So Vain [Carly Simon]
07. Here Comes My Girl [Tom Petty and the Heartbreakers]
08. I've Seen All Good People: Your Move/All Good People [Yes]
09. Hello It's Me [Todd Rundgren]
10. Willin' [Little Feat]
11. Back Of A Car [Big Star]
12. Couldn't I Just Tell You [Todd Rundgren]
13. Gimme Some Truth [John Lennon]
14. Maggie May [Rod Stewart]
15. Everything I Own [Bread]
16. Beware Of Darkness [George Harrison]
ディスク 3
Volume 2, 1970’s Part 2 (Bonus Tracks)
01. Dreaming [Blondie]
02. Marquee Moon [Television]
03. I Wanna Be Sedated [Ramones]
04. Baby Blue [Badfinger]
05. You Say You Don't Love Me [Buzzcocks]
06. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding [Brinsley Schwarz]
07. You Can Close Your Eyes [James Taylor]
08. Melissa [Allman Brothers Band]
09. Killer Queen [Queen]
10. A Song For You [Gram Parsons]
ディスク 4
Volume 3, 1980’s
01. Sitting Still [R.E.M.]
02. Girls Talk [Dave Edmunds]
03. Big Brown Eyes [The dB's]
04. Kid [Pretenders]
05. Free Fallin' [Tom Petty]
06. Save It For Later [The Beat]
07. They Don't Know [Kirsty MacColl]
08. The Bulrushes [The Bongos]
09. Our Lips Are Sealed [The Go-Go's]
10. How Soon Is Now [The Smiths]
11. More Than This [Roxy Music]
12. Towers Of London [XTC]
13. Killing Moon [Echo and The Bunnymen]
14. Trouble [Lindsey Buckingham]
15. Train In Vain [The Clash]
16. You're My Favorite Waste of Time [Marshall Crenshaw]
17. I Would Die 4 U [Prince]

ロキシーにしてはPOPでしたね。


復活から低迷期?に入る直前の曲


ビートルズからはこのギターが印象的ナンバーを選曲。

[PR]
by oyaji910 | 2015-11-28 20:42 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
b0146841_2022923.jpg
ワーズレコーズから交換ディスクも届いたことだし。(又もやって感じ!)
今回のお題はストーンズTOKYO DOME。
思えば幻の日本公演武道館、当時中坊やっとこさと手に入れたC席没になって涙した。
念願の初来日、と言っても生ミックは思いもかけないソロ公演来日で拝んでる。
でも他のメンバー特にキースが傍にいないステージ物足りない気はした。
メンバー揃って拝めるその事は素直に嬉しく大歓迎で必死の電話予約。
しかしながら来日に狂気乱舞もTOKYO DOMEのスタンド席、ミックのソロ公演で痛感した音が悪い、なんか反響?してる・・・あぁ幻の武道館の方がモアベター。
それでも開演何時間前から行って雰囲気?堪能、オープニングから年甲斐もなく声張りあげた(笑)
正直音より生ストーンズ、動くストーンズを観れた、お祭りに参加って感じだったなぁ。
思いもかけないドーム公演のCD・映像発売。
改めて感慨深く聞いて観たけど、オープニングの興奮とたどたどしい日本語思い出さてはくれた。
でも95年の再来日公演と違いが思い出されない、ビルワイマンいないのも忘れてた次第。
私的には生ストーンズ観れただけで満足だったよう。
でもこの公演リーリスされた事は素直に喜びたい誇り、音もクリアです。はい
ドームじゃないけど1990ツアーから



[PR]
by oyaji910 | 2015-11-25 21:59 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

ラジオ音源花盛り

b0146841_1842437.jpg
いくら自称日本一の閑散ブログとはいえ、月一は更新と思いながら10月になってしまった。
この所やたら増えたラジオ音源のCD化。
D・ボウイ、リトルフィート、ウォーレンジヴォン、ボス、T・ラングレンにリンダ嬢(右ジャケット)他リリースの告知あたりからおやっとおもったけど。その後も続々リリース数知れず。
最近知りましたが、日本のヴィヴィドからLive To Airシリーズなんてのも出てたんですね。
今後トーキングヘッズやジェフ・ベックもリリースされるらしい。
雑誌によると隣接権使用のハーフオフィシャル。
結構そそられるリーリスも多いけど、問題は演奏内容音質。
リンダ嬢購入して見ましたが途中でラジオのナレーションのようなのも入ってる。
ラジオ音源CD購入かなりかけになりますね。



ラジオ音源花盛りの象徴のようにリリース。

[PR]
by oyaji910 | 2015-10-10 18:55 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

BEACH BOYS:US SINGLE COLLECTION

b0146841_17462963.jpg
別に厳しい夏のせいでもブライアン・ウィルソンの伝記映画が公開されたからでもないけど・・・
ふとHMVのネットショップで何気に見てビーチボーイズのシングルコレクションが再発されていて久しぶりに聞いてみようと思っただけなんですが・・・。
このBOX・SETはの本独自の編集だけど海外のファンも唸った企画。
発売当初は冊子で全シングル(日本・USA)のジャケット写真掲載が今回はCD-ROM付。
値段も9千円から7776円と熱心なビーチボーイズファンでない私は損した感じかな?
それに別ヴァージョンやシングルヴァージョンにこだわる程聞いてないのも事実。
でも改めてじっくり聞くと結構はまる。
サーフィン、ホット・ロッドサウンドのグループからしだいにブライアンのセルフプロデュースのこだわり、職人気質のサウンドになって行くのが面白い。
ジョージの伝記映画で悪徳マネジャー・詐欺師に見えたスペクターをお手本?にしてビートルズに対抗意識燃やして元祖スタジオおたくになるブライアン。
シングル集で概観分かるのでペット・サウンズ以降のアルバム、ソロ聞きたくなりました。
と言うことで選曲もペット・サウンズ以降で・・・。



これはシングルコレクションに収録曲でないけど個人的にアルバム単位で聞いた初めてのビーチボーイズのアルバム。

[PR]
by oyaji910 | 2015-08-15 18:39 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

不良映像とは・・・

b0146841_1645098.jpg
ストーンズの蔵出し秘蔵映像の第3弾は71年のクラブマーキーでのギグに限定で73年絶頂期のライヴブラッセルズ・アフェアフィジカル+してのリリース。
後者は配信でリーリスされたりブートでも有名、なんせテイラー最後のライブだったはず?
それが公式CDで発売歓迎だけどマーキーのライブ映像+CD3枚組で1万800円は個人的にはかなり吹っかけられた値段。
音質はとても良いんだけど、映像一部かなり荒い部分あり、値段の割にブート映像みたいと思ってたら、購入先のHMVから映像の不良に付交換のメール(汗)
制作元と協議した結果新たなマスター取り寄せ再度作成とか?
指示に従い、作成元にメールして封筒とお知らせ送って来た。
ディスクだけそのまま入れて送付、交換ディスクは7月1日順次発送と記載。
何でも指摘はユーザーからとの事、ア〇ゾンでは購入者に連絡もないらしい。
製造元のワードレコーズもクリックしないと詳細でない。
なんともお粗末、せっかくの秘蔵映像にケチつきました。




[PR]
by oyaji910 | 2015-06-28 17:18 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

懐メロ洋楽オヤジ

b0146841_224134.jpg
私はボックスセットと伴に洋楽コンピアルバムにも目がない。
そのきっかけがライノのコンピ。
ライノレコードを知ったのはモンキーズのボックスセット。
丁寧なライナーに実際の演奏したのは誰かまで克明に記載されていた。
その後ライノから70年代のコンピ「HAVE A NICEDAY」シリーズが発売され喜んで飛びついた。
何せアナログシングルしか所持してなかった当時のヒット曲満載。評論家の萩原健太さんがライノに就職したいと書いていたのも理解出来る。
その後も「SOUL TRAIN」シリーズや「POP HITS OF THE80」シリーズも秀逸なコンピだった。
ライノがワーナー傘下、完全子会社化されてからはコンピアルバムはご無沙汰だったけど、この度ライノUKから「SMASH HITS」なるシリーズ1980~1989が発売。もちろん10枚即買い(笑)
コンピ沢山買ってるのでだぶる曲も結構あるけど懐かしく聞いている懐メロ洋楽オヤジです。
「SMASH HITS」1980に収録


「SMASH HITS」1989に収録

[PR]
by oyaji910 | 2015-05-15 22:37 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

ナイアガラよ永遠に

b0146841_10283398.jpg
「NIAGARA CD BOOK II」毎日のように 聞いております。
亡くなられて、あわてて再発の「CD BOOK I」の再発購入と違いしっかり予約。
正直27000万円、貧乏人の私には高価な買い物ですが、私をナイアガラサウンドで魅了してくれた。
山下達郎さんを紹介、ビートルズ以前のアメリカンPOPの素晴らしさ教えてくださったのもすべて大瀧ナイアガラ師匠(勝手に師匠は失礼かな?)買わなければバチ当たる。
12枚組、インスト盤も普段あまりインスト聞かない私も音痴ながら思わず口ずさんでしまう。
難を言えば某レビューにもありましたが、私が無人島へ持って行く一枚のロンバケがない。
何故A LONG VACATION SINGLE VOXで収録なんだろう?どうせなら13枚組でも良かったのでは?と思ってしまう、非常に残念。
13枚組で縁起悪いなら。師匠が他の方に提供曲、夢で逢えたらのように師匠自ら歌ったデモでも収録して14枚組なら大満足。(デモがあるかは不明ですが・・・。)
BOOKⅠとⅡ通して聞く時間が個人的ないのが残念ですが、ほんとまだまだ活躍してほしかったです。
隠居、隠匿でも時々も顔出してくれればで良かったのに…涙。
でもナイアガラサウンドは永遠、不滅です。






[PR]
by oyaji910 | 2015-04-16 11:07 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

今だから

b0146841_18542423.jpg
新管理画面にチャレンジも挫折。
アナログオヤジの悲哀を感じてます。
まぁ、日本一の閑散ブログ今回も旧管理画面で投稿します。
今回は普段と趣を変えた内容ですが・・・。
今この国変な方向、社会が歪んでるような気がして無知な私のようなおっさんでも危機感を募らせてます。
そりゃ、株価が上がり、定期昇給やベースアップも去年以上それは悪い事ではないけど、それだけで喜んで良いのだろうか?
人がいとも簡単に惨殺されたり、殺さない死なない平和な自衛隊が海外へ行くようになりそう。
福島の人を流浪の民にした危険な原発を輸出。公共放送が国営放送に様変わり。
ネットや街頭での誹謗中傷。日本人って勤勉、礼儀正しく、相手を思いやる国民性があったはず。
何かおかしいとおっさん危惧してます。
今だからこそ・・・





[PR]
by oyaji910 | 2015-03-11 20:07 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

Dark Horse Years 1976-1992;

b0146841_12553031.jpgb0146841_12551153.jpg










長らく廃盤状態(悪名高きコピーコントロールCDはあったけど)だったDark Horse Years 1976-1992がアップルBOXの発売のおかげか再発となった。
もちちろん箱男の私としては買い逃したので即買い、でも発売延期の連続から発売年越してしまったし、せっかくの再発、ダークホース時代のベストも追加してほしかったなぁ。
シングルの過ぎ去りし日々のヒットはあったもののアルバムは33 1/3 ~Somewhere in Englandの3枚はそこそこのヒット。チャート的にも惨敗したゴーン・トロッポ 。
この4枚は私的にはハリソン臭さ(ハリソン節)好きな私は世間の評価よりずっと好感あります。はい
ダークホース時代最大のヒットアルバム(ビルボード8位)、久々のナンバー1ソングのセット・オン・ユー 収録のクラウド・ナイン は豪華なバックの顔ぶれとビートルズフォロワーのジェフリンの相性も良かったのかダークホースレーベル時代の最高傑作になっている。
最上記のフォト見ても皆いい顔してる、ジョージも音楽の情熱取り戻したって感じ。
日本が誇るアルバムライブインジャパンはあの空間にいただけで私は幸せ。
バラ出ししないで映像残ってるなら発売してほしいであります。






[PR]
by oyaji910 | 2015-02-01 12:57 | 音楽 | Trackback | Comments(2)