音楽談義


by oyaji910

ラバーソウル

b0146841_8415632.gifb0146841_842269.gif
ビートルズのアルバムで個人的に秋を感じるアルバムが「RUBBER SOUL」。それも夢の人からじゃなくもちろん「DRIVE MY CAR」から始まる方・・・
ビートルズとしても転換期の序章て感じで詩の世界広がり、サウンドも「ノルウェーの森」でのシタールの導入、「IN MY LIFE」でのピアノ間奏等幅広く・・・
ソングライターとしてのジョージも成長してきた。(ソロ来日でも歌ってたなぁ。感涙)
前作「HELP」や20世紀のクラシック「イエスタデイ」から兆候はあったけどライヴビートルズからレコーディングビートルズになる橋渡しかな?
秋を感じるのは裏の印象的なモノクロ写真のせいもあるかと・・・
ポールのベースに驚嘆しながら聞きます。はい!
[PR]
トラックバックURL : http://oyaji910.exblog.jp/tb/9851036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sayako-c at 2008-11-15 22:42
ノルウェーの森のシタール、インマイライフのピアノ・・・、いいですよねー。
ライブからレコーディングの橋渡し・・・、そうかもしれませんね。
Commented by oyaji910 at 2008-11-16 20:20
sayaさま
今聞いても新鮮ですね。米盤収録曲違うのでまた違った感じです。
by oyaji910 | 2008-11-11 09:28 | 音楽 | Trackback | Comments(2)