音楽談義


by oyaji910

Dark Horse Years 1976-1992;

b0146841_12553031.jpgb0146841_12551153.jpg










長らく廃盤状態(悪名高きコピーコントロールCDはあったけど)だったDark Horse Years 1976-1992がアップルBOXの発売のおかげか再発となった。
もちちろん箱男の私としては買い逃したので即買い、でも発売延期の連続から発売年越してしまったし、せっかくの再発、ダークホース時代のベストも追加してほしかったなぁ。
シングルの過ぎ去りし日々のヒットはあったもののアルバムは33 1/3 ~Somewhere in Englandの3枚はそこそこのヒット。チャート的にも惨敗したゴーン・トロッポ 。
この4枚は私的にはハリソン臭さ(ハリソン節)好きな私は世間の評価よりずっと好感あります。はい
ダークホース時代最大のヒットアルバム(ビルボード8位)、久々のナンバー1ソングのセット・オン・ユー 収録のクラウド・ナイン は豪華なバックの顔ぶれとビートルズフォロワーのジェフリンの相性も良かったのかダークホースレーベル時代の最高傑作になっている。
最上記のフォト見ても皆いい顔してる、ジョージも音楽の情熱取り戻したって感じ。
日本が誇るアルバムライブインジャパンはあの空間にいただけで私は幸せ。
バラ出ししないで映像残ってるなら発売してほしいであります。






[PR]
トラックバックURL : http://oyaji910.exblog.jp/tb/24080163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pipco1980 at 2015-02-02 22:53 x
こんにちは

あの来日公演は私も行きました。
私の場合はちょっとヒキコモゴモ、
ジョージはこんなんでいいのかな?
もっと上を目指しても良いのではないかな??
って思いましたね。
なにしろあの素晴らしいバングラデシュコンサートで
一つの時代の最先端を確実に切り抜いた男....
なのですから。
それにしてもoyajisannさんは最期の最期までジョージを
フォローしてたんですね。それだけで頭が下がります。
Commented by oyaji910 at 2015-02-04 19:26
pipco1980 様
ブログの主である私が上手く扱えないブログへ毎度です。
ジョージは私は世界一苦悩を味わったミュージシャンとし
て認知してます。
何せジョンとポールのいたグループ。
ですからバングラのライブ一世一代の晴れ姿。
サムシングがイエスタディの次にカヴァーされた曲。
成長ていく過程が凄い。
ライブインジャパンは声出るかななんて心配しながら肉眼
見える席で見れただけで満足でした。
蛇足ながら
さすがにリンゴは途中で・・・初来日ぐらいでフォロー
で終わりました。
by oyaji910 | 2015-02-01 12:57 | 音楽 | Trackback | Comments(2)