音楽談義


by oyaji910

夜をぶっとばせ

b0146841_1716943.jpg
この所ストーンズのロンドン時代の作品聞いてるのですが、60年代のストーンズはリアルタイムなく70年代以降1500円盤(アナログ)が出てから聞いた曲がほとんど・・・。
初めて買ったアルバムが「ギミー・シェルター」のサントラ。それでも有名どころの曲は何気に知ってました。
この「夜をぶっばせ」はたしかML誌だったかな?放送禁止の歌の特集かなんかで知りました。
どんなHな歌と思いきや(笑)、ストーンズにしては軽快、コミカル(失礼!)なサウンドでした。
初めて聞いたら、翌日ぐらいにD・ボウイがカヴァーしてシングル出したのを覚えてます。
UKでは1位だけどアメリカでは55位止まり(片面のルビー・チューズデイは1位)でした。

そしてボウイは

[PR]
トラックバックURL : http://oyaji910.exblog.jp/tb/14102295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by blueswave at 2010-10-08 16:29 x
この曲は私的にはストーンズの曲の中で5本の指に入る好きな曲です。歌詞の意味なんておぼろげにしかわからないので全然気にしていませんでしたね。このころのストーンズの曲には私の好きな曲が多いのです。「ダンデライオン」「ウイ・ラヴ・ユー」「マザース・リトル・ヘルパー」「マザー・イン・ザ・シャドウ」等々、好きな曲が目白押しで、曲の魅力としてはビートルズより上でした。ビートルズは完成されていた感があり、ストーンズの荒削りな点が魅力でした。ハーモニーも完璧よりはやや荒れた感じの方が好きなのです。それは今も変わりませんね。
Commented by oyaji910 at 2010-10-08 23:52
blueswaveさま
「ダンデライオン」隠れた名曲ですね。
デッカ時代のストーンズもおっしやる通り荒削りで
イカシタバンドの雰囲気漂ってますね。
by oyaji910 | 2010-09-28 17:36 | 音楽 | Trackback | Comments(2)