音楽談義


by oyaji910

長い夜

b0146841_1252316.jpg
結成40周年越えたシカゴ、メンバーの死、脱退、解雇等はあったけど現役バリバリのバンド。
デビュー当初はBS&Tと並びブラスロックなんて呼ばれてた。
当時小中学生だった私にとっては厄介なバンド、2枚組みのアルバムが続き値段高くてとても手が出なかった
シングル手一杯、この邦題「長い夜」が最初に買ったシングル。原題「25or6to4」ドラッグに関する歌なんて言われてたけど、作者のR・ラムによると単なる時間だとか・・・。
アルバムからシングルカットにするにあたって編集されたと知ったのはかなり先のこと、アメリカでは4位まで上ったし、日本でも大ヒット、初来日につながったと記憶してます。80年代のバラード路線も良いけどテリーキャスいた時代初期がやはりシカゴだと・・・はい!
当時友人がこのグループ優秀なんだぞ、なんせ通信簿「4か5」てくだらないこと言ったのを思い出しました。(笑)

[PR]
トラックバックURL : http://oyaji910.exblog.jp/tb/12710928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by blueswave at 2010-01-29 12:34 x
お久しぶりぶりです。 私ももちろんシカゴは初期の若さと荒々しさムンムンのころが好きです。というか、3枚目までは買いましたが、そのあとはほとんど関心もなくなっていました。デビューアルバムから2枚組み、というパワーも驚きでしたが、アメリカの学生運動の盛り上がりを反映してかなり政治的な言動もあって、私も興奮して聞いたものです。初めての来日公演に行きたかったのですがカネがなくて行けず、しばらくしてブラッド・スエット&ティアーズには行きましたがシカゴほどの興奮は感じませんでした。ジャズっぽくて当時の私にはもうひとつ面白くなかったような記憶があります。
Commented by oyaji910 at 2010-01-30 17:48
blueswaveさま
私もBSTより断然シカゴでした。
初期はメッセジー色の強い歌多く、熱かったですね。
北山修、作詞の日本語版のロウダウンなんて珍盤(?)
のシングルなんてのもリリースされましたね。
Commented by blueswave at 2010-01-30 17:58 x
北山教授のロウダウンは聞いたことがありません。
私の次男は九州大学の3年在学中ですが、1年の時に受講した北山教授の授業に興味を掻き立てられ、ゼミも受けたい、就職もその延長線上で考えたい、などといっていたのに、教授が退官してしまって目標を見失ってしまったようでした。今は割り切ったようですが。
Commented by oyaji910 at 2010-02-02 21:29
blueswaveさま
北山修さんて精神科医になって(?)教授になってたんですか!
ロウダウン・・・ロウダウン、俺は独り泣くだけさ♪て歌詞だった
かな?クエスチョンも日本語出た記憶あります。
Commented by blueswave at 2010-02-04 17:48 x
私は「長い夜」よりも「クエスチョンズ67/68」のほうが好きでした。メロディーも歌も伸びやかでスケールが大きくて、聞いていてわくわくしたものでした。
Commented by oyaji910 at 2010-02-04 20:31
blueawaveさま
クエスチョンズは再リリースでヒットしましたね?
たしかにスケールの大きい歌ですね。
ただ日本語盤はロウダウンほどさまになってな
くて笑えた記憶あります。
by oyaji910 | 2010-01-22 13:21 | 音楽 | Trackback | Comments(6)